ページ最上部

贈答、結婚・出産・新築の内祝、法事引出物・香典返し、快気内祝、お返しのことなら松阪市のギフト店、マスダ本店へ

株式会社マスダ本店
株式会社マスダ本店
贈答品
facebook
友だち追加
定休日
毎週木曜 

厄祝い
厄年
年齢的ちょうど体力的にも精神的にも「節目」になる年だと言われ、昔から身の回りに災いや病気などが起りやすいとされる年齢のことです。「数え年」で男性は25歳・42歳、女性は19歳・33歳、男女共通で61歳とされています。特に男性42歳、女性33歳は「大厄」と呼ばれ、身を慎み、気をつける年と言われています。
厄祝い
昔から節目の年を祝うと共に、厄難を逃れるとして、祝いの品を身内や親しい方に配る習慣があります。厄を配り、厄を頂くことで災厄が降りかかるのを防ぐという習わしです。厄祝いは節分を過ぎてから、初午までの日柄の良い日を選んで贈ります。
厄年早見表
※表示の金額は、すべて税抜きの価格です。
お問い合わせ・ご相談